カテゴリー「旅行・地域」の12件の記事

2011/09/20

初めての台湾旅行(その5)

台湾三泊四日の旅もついに三日目。
早起きしてランニングに出かける。今日はアンバサダーホテルから西に向かって走り川まで行って帰ってくる事にする。まずは台北大橋をめざす。
Img_2267
大きな川である。
橋の上から台北市側を望む
Img_2269

戻るところで自転車を発見する。橋から下の川沿いの道に降りて行くところ。
Img_2271
どうも早朝のサイクリングをしているらしい。
下の道をランニングしたり自転車で走る人を見かけた。ロードバイクはほとんどいない。
Img_2273

帰りは廸化街を走って帰る。早朝なので人気はないが、歴史のある建物が沢山あった。
走っていたので写真は撮っていない。

また、近くに女子校があるのか、通学途上の女学生たくさんとすれ違った。開いているお店で食べ物を買っている。サンドイッチなどを買っている娘さんが多かった。
後で聞いた事だが、通学途上で朝ご飯を買って学校で食べるのが普通だという。いわゆる「買い食い」OKってことらしい。こちらも写真はない。

ホテルに帰ってシャワー浴びて、ホテルで朝食を頂く。
さて、今日は何をしようか?パッケージツアーではないので全く自由である。
で、今日は竹里館でお茶を頂く事にした。有名な茶芸館(喫茶店?)である。
ホテルからタクシーで竹里館に向かう。運転手さんに「づーりーがん(竹里館)」と言っても全く通じない。ガイドマップの地図と「竹里館」の文字を見せると、「あー、○×△ね」みたいなことを台湾語でしゃべっている(とおもった)。北京語と台湾語の違いなのかしら?それともカタカナ中国語の発音が悪過ぎ?
とにかくタクシーで数百円で着いてしまう。らくちんだ。

竹里館に着くと、ガイド本で見た事のあるご主人、黄さんが迎えてくれた。
日本語でコミュニケーションOKだった。
講習を受けたい旨伝えると、今日は無理だとのこと。予約が必要。明日の10時で予約を取る事にして、今日はお茶だけ頂く事にした。とはいえ台湾のお茶は初めていただくので、飲み方を少し教わった。あとは飽きるまでお湯を注ぎ足して飲んでいることができる。また、お茶菓子もとても美味しい。
娘は冷たいウーロン茶を頼んだが、これがまた少し甘くてとてもおいしい!
もちろん、お茶もとても香りが良くて、これがウーロン茶なのか!?と思ったほど。

Img_2274

茶碗にお茶を入れてふたをして少しずらして飲む。お茶の葉がものすごく大きい。
Img_2279

ここまで葉が広がる
Img_2277

ピンぼけ、店で手作りしているとの事、美味しいです。
R0014748
ゆっくりお茶を飲む事一時間半。日本の喫茶店でもこんなに長居したことないな。
すっかり台湾茶が好きになりました。

続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

船の科学館

今年のGWのメインイベントのひとつ

久しぶりに来館したが、なんだか帝国海軍コーナーが充実している気がする。
プラモがズラリ! うーん、じゅるじゅる。
R0013220

重巡たち
R0013229

やはり大和ですかね?
R0013236

空母なら瑞鶴
R0013237
いやー、作りが細かいです。

午後からは警視庁の水難人命救助展示訓練を見学。水難救助をどのようにやるのか実際に着ることが出来ました。また、日頃から訓練を積んでいるのだなーと思い大変な任務を遂行していることに感謝。
R0013251

途中、ちょっと失敗もあったようです。あとで怒られるでしょうね?
スムーズに転回できず羊蹄丸の舷側に激突してしまいました。。。
R0013255

子どもたちはラジコン船が一番良かったようです。
なんとなく軍艦が増えました。
R0013263

船の科学館のあとは水上バスで浅草へ
乗ってませんが、ヒミコがいました。
船には見えませんがカッコいいですね。
R0013264

すれ違い
R0013275


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

大連

大連といえば、ちょうど金正日総書記が話題になっているが、その少し前に仕事で3日間行ってきた。
そもそも中国に来るのは初めてだし、アジアの国外に行くのも初めて。
でも、親父が若い頃に満州にいたのでなんとなく身近な感じがしていた。

ホテルから見た大連駅
R0013014

なんか埃っぽい。どうも黄砂の影響らしい。ここ2,3年かなりひどいらしい。

同じく駅前の通り。車と人が多くてかなりごちゃごちゃしている。
歩行者が道をわたるのがすごく危なっかしい。
自分で道路を横断仕様とすると、青信号でも慣れるまではかなり勇気がいる。
R0013016

仕事の合間にちょこっと観光する。
旧大和ホテルは重厚で内部もとても綺麗だった。そもそも今でもホテルとして使われているというのがすごい。どうも(日本人)観光客向けらしいが。
R0013058

旧満鉄本社
ははぁ、これが親父が務めていた会社か、と感激。実際は親父は瀋陽にいたらしいので、もちろん本社など見たことはない。
R0013059

■中国にきてやはりそうかと思ったこと。
・ひとが多いこと(大連近辺に600万人いるらしい。すげ!)
・自動車(でかいヨーロッパ車など)がたくさん走っている。
・酒席でみんなでイッキする。しかもすごく強い酒で(白酒という50度近いもの!)杯を空けなければならない・・・。
・中華料理は日本で食べるものとはかなり違うこと。

■意外に思った(びっくりした)こと
・自転車が少ない。(車が多すぎて危なくて走れない)
・ビールのアルコール度が低い。だいたい3,5%なのでかなりライトな飲み味である。
・建築ラッシュでマンションがすごく多い。日本では考えられないくらい家が多い(ひとが多いんだから当たり前?)

昔から交流のある日本と近い国なのにあまりに知らない事が多かったな、と感じた。
欧米よりアジアの国をもっと知らなければならないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

TERAKOYAより

富士山を望む
Sany0033


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/21

空から見ました

週末は法事で島根に行っていた。
土曜の羽田ー出雲便は旅行者風若い女性多し。なんか流行っているのかね?

よく晴れていたので富士山がよく見えた。
というか、実際は席が右側なので見えず、撮影のため息子が左側に行って撮りました。
Imgp0385

右側は遠く浅間山から八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、白山あたりまでよく見えました。
写真は乗鞍岳。夏に登った道は雪だらけになっている。
Imgp0391

帰りの日曜は一転して雨。雲の上のフライトだった。
ちょうど日が沈むところを撮影できた。写真ではちと、色の出方が良くないですが、実物は非常に綺麗でした。
Imgp0404


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/09/17

一の瀬園地

サイクリングのあとは一の瀬園地を散歩する。
Imgp5895

小さな花がたくさん咲いている
Imgp5900

あざみ池
Imgp5910

こけ、ガイジンさんが珍しそうになでていた。
Imgp5919

おおきなキノコ
Imgp5923

観光センターのほうに戻り、メープルで昼食。なんだかおおきい。
息子と唐揚げカレー一つでちょうど良かった。
Imgp5937

このあと善五郎滝を見に行く。爽快だね。
Imgp5945

一日山を歩き、乗りまわって疲れました。夕食時にワイン飲んだらそのまま寝てしまった。。。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/05/03

夢のカレー

キャンプ中雨なのでカエル探しくらいしかできない。
仕方ないので車で外出。お昼を保田の「ばんや」でとろうとするが、100人待ちというとてつもない行列(というかもはや列になってないが)にあきらめ、前から気になっていた店へ。
店に入ると昭和40年代を思い起こさせる雰囲気。だが、カレーは普通にうまい。家庭カレー風なのだがやはり何かが違う。きっとこれが飽きのこない味なのだろう。
Sany0050


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/28

プラネタリウム

先日オープンした千葉市科学館に行ってきた。
国立科学博物館や日本化学未来館と何となく似ているが、展示内容は子供向け。たまに大人も「おー」と見てしまいたくなるものもある。昔のテレビ、ラジカセ、短波ラジオなどがなぜか展示してあり、懐かしかった。ナショナルのクーガーとか、ソニーのラジオ、友達の家にあったなあ。
最初に入ったのはプラネタリウム。ちょうど子供向けの内容の回だったので子供は楽しめたようだ。
今の投影機はこんな感じ。ガミラスの星のようだ。
Sany0005

昔使っていたのはこちら。こちらの方がプラネタリウムっぽい。
Sany0006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/30

三水館2007

昨年の晩秋の訪問からはや10ヶ月。そのときに予約した宿に再び訪れる。
マツタケを食べる予定だったが、今年はまだ出ていないという。
ことしもちょっと贅沢に列車での旅行とした。ちょっと仕事でお疲れなのと、息子の鉄道好きによるものである。
まあ、パパにとって列車のたびはとても楽なものである。インターネットのおかげで各交通機関の時刻はすぐにわかるし、なにより渋滞が無い。行動できる葉にはかなり狭くなるが、その分時間をゆっくりと使うことができる。そういう意味でやはり列車のたびは贅沢といえる。
軽井沢まではあさまでラクラク。でも降りたら寒い。なんと13度。
2007_007
旧信越本線のしなの鉄道に乗り換える。
2007_016
小諸で乗り換えて、上田に到着。ここからは上田電鉄別所線に。車両は昔の東急のものらしい。
2007_022
下之郷で下車する。そこには丸窓の車両がいた。
2007_029

この駅には鉄道資料館が建っていた。なかには古い鉄道の資料がたくさん。昔の上田電鉄の歴史が詰まっている。マニアは訪れないとね。むすこと中を見ていたらバスが来た。バスで鹿教温泉へ。
2007_038

バス停で降りる。去年と何も変わらない。
20071_001
でも、今年はコスモスの見ごろの季節だ。四季だけが風景に変化を与えてくれる。
20071_002
温泉に浸かり、おいしい食事をいただく。ほかにすることは無い。
贅沢な時間の使い方なのである。
2007_050

帰りは雨、またバスで帰ろう。
20071_037

帰りも軽井沢によって、フレスガッセで食事。ここのハムステーキはうまかった。
20071_048

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/17

蓮沼で蛤

やき蛤を食べに行った。
007

でかいアサリはボリューム満点。ひとつ500円なり。
ほんとうはウチムラサキガイというらしい。
010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧