« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の5件の記事

2014/06/21

BRM614千葉600km(茂木クラシック・時計回り)フィニッシュまで

君津のミニストップを出てしばらくしたらNaokiさんが登りでチェーン落ちしていたので先行した。
坂を下り鴨川市街へ。日射が暑い。
いつものコースで松島へ。停車し写真を撮るとともに日焼け止めを塗り直していたらNaokiさんにまた追い抜かれた。もう一名のブルベラーダーの方とNaokiさんと三名で前後しながら走る。
どこかの信号でNaokiさんに追いついたのでちょっと一緒に走るようにした。
すこし会話を交わしていると眠気も飛んでいく。
海岸沿いは飽きるのでちょうど良かったのかもしれない。
私はすこし眠いが、Naokiさんは少しも眠くはないとの事。でも目が充血していたからきっとダメージがあるのだと思った。
やや向かい風区間だったので前に出て牽く。
牽いた結果喉が渇いたのでコンビニを探したが見つからずヤックスドラッグでドリンク休憩。Naokiさんは頭から水をかぶっていた。ワイルドだ。
私は頭から水をかぶった事は無い。

海沿いの飽きる道をなんとか走って白浜滝口のPC9セブンイレブンに到着。
あまり食欲は無くサンドイッチを食べて単独で出発する。館山のピーナツソフトを食べてやろうと思っていたがやはり混雑していたのでパス。独りで走っていたら眠気が襲って来たので三芳の道の駅で停車し草の上で寝転ぶ。10分間のアラームセットして寝たらさっぱりした。
ほかにも1名ブルべライダーが寝ていた。
また若いペアのサイクリストがビンゴバーガーを食べに来ていた。
食べたいが時間もないし、食欲もない。

走行開始し平久里を左折してしいたけ峠を登る。1キロほど交差点から登ったところでキューシートと異なっている事に気がついた。今回は白石峠を越えなければならない。戻って登り直し。

水切れしたので志駒の水場で水を補給。前と水場の位置が変わっていた。

最後のPC10更和のセブンイレブンでNaokiさんに追いついた。Shihoさんが昨日DNFしたそうなのだが、Naokiさんたちの応援にPC10に来ていた。お疲れ様です。
ついでに応援していただいたので心強かった。

なんとかNaokiさんと絡みながら鹿野山をこなした。相変わらず終盤に来てのマザー牧場への登りはキツい。君津市外を抜け、すっかり暗くなったのでライトをフル点灯して袖ヶ浦へ。

無事38時間ちょうどでゴールした。

ゴール後うろうろしていたら突然名前を呼びかけられた。twitterでフォローし合っていたamatotoさんであった。amatotoさんも土曜日日中に笠間でDNFしたそうでゴールに応援に駆けつけてくれていたのだった。
amatotoさんとは家が比較的近いのであるが、私の家の近くに用事があるとのことでクルマに乗せてくれると言うありがたい提案があった。初対面の方に乗せてもらうとは申し訳ないなとは思ったが正直疲れ果てていたのでありがたく乗せていただく事にした。
本当にありがとうございました。

以上で5年ぶりの茂木600kmブルべは終わった。
雨は降ったものの、風も強くはなく、暑いと言ってもまだどうしようもないほどではなかったのでなんとか単独で完走する事が出来た。計画していた健康ランドもうまく仮眠できた。
なかなかうまくいったブルべであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/18

BRM614千葉600km(茂木クラシック・時計回り)その3

しばらく雨の中を我慢して走る。レインウエアはしっかりと雨をシャットアウトしてくれる。平地を流している分にはウエアの中が汗で濡れる事も無い。快適である。
シューズはパールイズミのコーティング シューズカバーで雨よけをしているが多少濡れてしまった。でもずぶぬれにはならないからこれでもいいかもしれない。
茨城町に入りやっと雨が上がった。
セブンイレブン茨城町小堤店でレインウエアを脱いで身軽になる。すこし休憩。
雨は降らないものの、路面は濡れているし水たまりもまだある。後方からのクルマに気をつけながら走行する。このあたりから反時計回りのブルべライダーとすれ違うようになった。
暗闇で手を挙げてもわからないので自転車のベルをチンとならして挨拶する。

PC5には22時過ぎに到着。後すこしで寝る事が出来る。
0時過ぎくらいに稲敷市のあずま健康センターという健康ランドに到着。
自転車がすでに3台ほど置いてあった。
深夜料金+タオル大小+浴衣で3000円弱かかった。風呂に入ってさっぱりして休憩所で休む。
休憩所は空いていて広々と場所を使う事が出来た。5年前は結構混んでいて空いている椅子を探した気がする。三時半にアラームをセットして寝る。およそ3時間弱寝たはずだ。
3時半すこし前に起きて準備し4時ちょうどに出発する。あたりは大分明るくなっているが太陽はまだ出ない。

Img_8216


Img_8218

PC6成田に到着、おにぎりたべてコーヒー飲んで5時に出発。

九十九里まで出て一宮に向かう。

一宮では多くのブルべライダーが休憩していた。ブルべのときにしか食べないローソンのLチキバーガーを食べて出発。8時。
Img_8220

お尻が痛いので大多喜の24時間営業のヤックスドラッッグでオロナインH軟膏を購入。シャモアクリームの代わりに塗っていたら治らないもののそこからは酷くはならなかった。今後はもっと前から使う事にしよう。

養老渓谷の太田商店で休憩する。10時前だったのでラジオでサッカーワールドカップの中継が始まるところだった。
Img_8221

三石山はけっこうまじめに登った。
Img_8222

山を下ると君津のPC8に到着。ここでNaokiさんと出会う。Naokiさんがたべていた冷やし中華がうまそうだったので真似して食べていたら。トレミンさんが登場。twitterでつい最近フォローしはじめたのだがこんなに早くお目にかかれるとは思わなかった。
Bqivxu6ceaazdfr
写真はNaokiさんからかってにおかりしました。すみません。
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM614千葉600km(茂木クラシック・時計回り)その2

PC3からPC4の茂木までが今回のブルべのハイライトとも言える。大きな峠が二つ、筑波山の不動峠と石岡市と笠間市の間にある道祖神(どうろくじん)峠である。
とくに道祖神峠は斜度が非常に厳しい。

まずは筑波山の麓の麦畑を眺めながら峠に向かう。直線道路の気持ちのいいところだ。
Img_8210

峠近くにくると、これから登る、もしくは下って来て休憩している自転車乗りの姿が見える。登っている最中もユックリ下って来る自転車乗りと何人もすれ違った。後方からどんどん追い抜かれる事もあった。
こちらは600kmブルべでまだ3分の1も来ていないので、ここで脚を使わないようユックリ登る。峠の手前がすこし斜度がキツかったくらいでなんとかこなす。
フルーツラインを北上するとちょうどいいところにセーコーマート八郷小幡店がある。ちょっとおにぎりを補給した。
フルーツラインを北上し目の前に山が迫って来る。道祖神峠は麓からいきなり12、3%の坂があらわれる。ほぼ全編10%以上あるのではと思わせる無茶っぷりな激坂である。
途中腰が痛くて一度休憩しなんとか登り切った。ちょうど前に同じくらいのペースのブルべライダーがいたので励みになった。

峠を下り切ると笠間の駅前。そこからあまりたいしたことない鳩の山峠を越えて茂木に向かって下っていく。
下りの道と同じ方向、北向きに流れる川は逆川というらしい。他の川とは逆向きに流れているからそういう名前がついたのであろう。
あっと言う間に茂木に到着。

フルーツラインの途中から雲が多くなり、茂木に着く前には真っ黒い雲が前方北側と後方南側両方にみえてきた。多分雨が降っていると推測。しかし茂木の辺りはまだなんともない。すこし水滴が落ちてくる程度。
PC4のセブンイレブンで休憩していると、はたしてポツポツと雨が降って来た。
スマホで雨雲情報を見ると、ちょうど茂木辺りは降っていないが、これから走っていく先は明らかに雨が降られる事がわかった。そのようなことを周りのブルべライダーと情報交換し、雨装備に換装する。
先日購入したレインジャケットとパンツの威力を試す機会が来たのだ。
準備が終わる頃にはすっかり雨が降り始めていた。

AJ千葉のスタッフの方から茂木のスイーツグルメ情報を聞きつけたので、雨であるが洋菓子店でパイシューを購入。オイシかった。
Img_8214

自転車には泥よけも着けているのでいくら雨が降っても巻き上げるドロしぶきはあまり気にしなくていい。これはとても爽快だ。以前は跳ね上げた水がお尻を濡らすのを嫌ってとろとろ走っていたからである。
茂木のサーキットの坂はきつくはないが、レインジャケットのおかげでとても暑く汗だくになってしまった。
しかしそこはゴアテックス、自転車で風を切るとすーっと冷たい空気がレインパンツを通して中に入ってくるのがわかった。
城里町につくころにはすっかり暗くなり、雨も相変わらず降り続いていた。
雨の中独りでしばらく走る事になる。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/15

BRM614千葉600km(茂木クラシック・時計回り)その1

久しぶりに600kmブルべを完走した。
コースは5年前2009年に初めてブルべに参加した年に挑戦したコース。そのときは4人で走り、全編牽いてもらって完走できた。しかし今回は単独で挑戦。といっても最後のほうではNaokiさんと一緒に走ってもらった。

準備は前の週から。前週の日曜日の朝は雨で走れなかったのだが夕方タイヤをヴェロフレッスクマスター23cに交換して20キロほど走って調整。前のタイヤはヴィットリアの20cだったので、乗り心地が乗った瞬簡にわかるくらい良くなった。
木曜までに電池の充電と衣類等の準備完了。今回は初めてレインウエアを準備した。評判の良いモンベル社のゴアテックスの上下。値段は張るがそれだけ良いとの評判を信じて購入。あまり雨は降ってほしくないが、ちょっとだけレインウエアを試してみたい気持ちも正直あった。

金曜日は定時17:30で職場をあがって帰宅。最後の準備をして21時半くらいには就寝。

翌土曜日の3時起床。パン二つ食べて着替え&出発が4時8分。前回見送りに袖ヶ浦に行ったときは1時間10分ほどかかったからちょうどいいはず。
浜野から旧道を走って五井を経由、姉ケ崎の駅前を過ぎて椎津のセブンイレブンでおにぎり1個補給。
時間を食ったので国道16号に出て時間を稼ぎ、5時過ぎにブルべスタート会場の袖ヶ浦海浜公園に到着。既にたくさんのブルベラーダーが集結していた。今年はコースを時計回りと反時計回り同時開催なのでいつもの倍も人がいる事になる。
Img_8191

Beeのヤマザキさん、ミズモト夫妻と挨拶。Naokiさんにも会えた。すぐに5:30のブリーフィングが始まる。大多喜の筒森で法面崩壊があったとのこと、気をつけよう。
スタートは6:10。Beeのメンバーは反時計回りなので単独で走る。

PC1の原田まではいつも通りのペースで進む。最初だから頑張らない、心拍は140前半に抑える事を心がけた。
国道409号から林道に入って登って下ったところで落車があった。怪我はひどいようで救急車を呼んだらしい。邪魔だから進むように、と声がかかったので止まらず走行を続ける。
高滝の踏切で偶然小湊鉄道に遭遇。今日はいいことありそうだ。
Img_8192

原田ではおにぎりとコーラとシャモアクリームのみですぐに出発。
Img_8193


日が高くなるにつれて暑くなって来る。田んぼを渡る風は涼しいのだが、地面からの熱がキツい。
水も切れたので佐倉岩富のセブンイレブンですこし補給と休憩。
Img_8194

コースに復帰後、しばらく青ヘルメットのクロブチ眼鏡、白シャツのカジュアルな感じの方と前後して走る。前にもどこかのブルべで見かけた気がする方だ。どこだっけ。。。
と考えているうちにPC3に10:45到着。
マックスコーヒーとセブンイレブンのチキン唐揚げバーガー。食べたらすぐに出発。どんどん暑くなっていくから先を急ごう。

印旛の気持ちいい道の記憶。タチアオイが今年も咲いていた。
Img_8198

おおきな牛久の大仏を見て土浦市街地を通ってPC3に13時過ぎに到着。
すっかり暑い。蒸しパンとプリンとアイスコーヒー
Img_8204

前の泥よけの取り付けが緩く締め直す。この小さなプライヤは直前に購入した。son_c殿がサイクリング時に持っているのを見てこれはイイと思い調達した。早速役立ってよかった。

Img_8205

筑波の空は蒼い。しかしこの後豪雨がやって来た。
Img_8206
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/01

Bee朝練 外房有料ー土気工業団地

イベントが多かった日曜日の朝練は人が少ないかと思いきや12名参加。
Beeのタケシさんは富士山に行ったので朝練のリーダーをまかされた。
走れるベテラン勢は少数でやや初心者多めだったので、外房有料は30キロ前後で巡航する事にした。
先頭をローテーションしているうちにすこし乱れ、旧誉田料金所からは先頭五名だけで進む事になった。
誉田の陸橋でひとり飛び出したが、下りはユックリだんだんと間を詰めて下った橋の手前で前に出てそのまま料金所までの坂を登り切った。
後続をすこし待ってポプラで集合待ち。
全員そろったところで10周する事を宣言する。1周はゴミ拾い、最初の五周はユックリで残り五周は行きましょうと。
ユックリの前半は平地、登りは30キロ前後、下りは37、8キロくらいに抑えて周回する。
離れてしまうメンバーもいるが信号で止まる場面もあるのでそこで追いつく。
最初の五周はほぼ全員で回る事が出来たのでなかなか良かったのではないか。
さてペース上げて、と思ったら、次々とメンバーさんはポプラ休憩に入ってしまい、最後まで残ったのはベテラン3人ほど。
まあ暑かったし仕方ないか。
後半も良いタイムが出た訳でもなく、まずまずで周回練習終了。
外房有料はこれも7名くらいの集団で良いペースを作って最後まで進めた。
アタックを誰もしなかったと言えばその通りだが、まあみんな良い練習になったのではないかとおもう。

本当に暑い日の練習だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »