« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の12件の記事

2009/03/28

ブルベ千葉200km(ゴールまで)

さて、もう2週間経ってしまったが、太田商店からゴールまでの道のりを書いておく。
養老渓谷の太田商店あたりまでくると、「もう知った土地」に戻ってきた気がする。高滝まではすぐそこ、その先の林道も2回走ったことあるし。。。ともう走り終えた気でPC3をスタートする。
天気のよかった空もだんだんと雲に覆われ、少し暗くなってきた。
2fa4

大魔王さんを先頭に順調に進軍する。
Imgp0854


ほどなく高滝湖に到着。
ここから山の中に入り、林道を走る。

丹原林道なんてどうってこと無い、と思っていた。みんな、「最後の林道はキツい」と言う。なぜ?と思っていた。
しかし林道に入ったところが急坂になって、ああそう言うことかと思った。いつもは逆向きに走行していたので、最後の気持ちよい下りが、逆に激坂になっていたのだ。
平坦ではほかにブルベを走る人影は見えないが、坂になると人が沢山たまっている。
最初は良いペースで登れたが、次第にキツくなりついに左ふくらはぎと右腿がつってしまう。
ここまで良い調子で登って(人を抜いて)きたのに、止まってしまうのはずいぶん格好悪い。筋肉はぴくぴくして痛むが我慢してだましだまし登って行く。
しばらくしたら少し楽になった。道も平坦になってきた。
日が傾いてきているし、山の中なので道は暗い(本当はもうすこし明るかったのだが、濃いサングラスのためだいぶ暗いと気づかず思っていた)。その暗い中を淡々と進んで行く。
誰かが「これが最後のキツい登りだよ」と言ってくれたので、単純に「ああ、これが最後か」じゃあとアタックしてみる。やっと先行していたF3さんに追いつく。ほどなく林道はおしまい。

国道を少し下って幽谷通りに入るところで仲間で集合する。林道ではバラバラに走っていた。
隊列を組んであとは平坦なところを袖ヶ浦に向かって走るだけ。

このへんもvientさんたちとほぼ同じペースで走る。

途中、正面に富士山と山腹に沈む夕日が見えた。ほんの数秒であったが感動的な風景だった。

後もう少し。
福王台あたりの信号で数十人の集団となる。

国道16号をわたるとそこは袖ヶ浦周回練習のコースだ。これなら後どれくらいか判る。

房総族さんに問いかける「スプリントポイントはどこか?」
最後の海沿いの直線でスプリントするつもりでいた。すると突然房総族さんがダッシュする。えー、ここからいくのか!やられた!どんどん離されてしまう。
仕方ない付いて行くしか無い(実際は付いて行けなかったが)。
後ろに lookとよださんが付いている。僕はどうにも房総族さんに追いつけそうになかったのでとよださんを引くつもりで最後の力を振り絞る。
しかしだんだんスピードが垂れて来たところで後ろからとよださんが追い抜いて行った。
おお、行ったかー、と思ったら30mくらい先で同じようにたれていて追いつけそうにない。。。ダメだ。
そういうことで房総族さんの勝ちが決まりました...。

ブルベで最後なにやってんだか、と思いながらも感動のゴ〜ル。海浜公園はすっかり暗くなってきました。

早く家に帰んないとカミサンに怒られると思い、感動に浸る間もなく早々に帰り支度を始める。
写真を撮るのも忘れたぜ。

おっと、最後のチェックを受けなきゃ、と気づき列に並ぶ。時計は18:04でした。けっこう時間かかりましたね。
メダルは1000円で申し込んだ。他の人はメダル申し込んでいないみたいだったけど、初完走だしメダルもらっとこう、と。

で、メダルはいつ来るのかな?

(おしまい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バッテリー交換

今朝熱が出た子供を車で診療所へ連れて行こうとしたところ、またバッテリーが上がっていて、動けなかった。
で、カミサンに怒られた。なんで前にバッテリーが上がったときに換えておかなかったのだと。
クルマの保険でのロードサービスは90日以内の同様の故障には無料で対応してくれないので、自転車にトレーラーを着けて近所のクルマやに行って購入&持ち帰り。
ちと高かったがパナソニックのいいやつにした。今まで使ってたのは少し安物だったのか(3年持たなかった)?
いろいろ調べてみるとあまりクルマに乗らない(自転車ばかりの)サンデードライバーは高性能のバッテリーでないと持たないらしい。
クルマの発電機もだんだん弱るらしいから、それも関係しているのだろう。
Sany0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/21

100km練習


scottさんと二人で練習。
途中、土気から大多喜の坂までkobaちゃんが合流。
南千葉GCの坂でぶっちぎられました。二着scottさん、行きも絶え絶えに頂上に到着するも、ふたたび297に出るまでなんどもアップダウンが繰り返されすっかり嫌になりました。
でも良い練習になったのではないかと思います。

最近は登りではシッティングばかりなので、ダンシングがいまだうまくできません。
雑誌などを見ると楽なダンシングなどとありますが、ダンシングするとすぐに大腿四頭筋が逝ってしまいます。
これをマスターしないと乗鞍で1時間半は切れないな。
まずは頭で理解して、あとは練習するか・・・。

続きを読む "100km練習"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/03/20

ブルベ千葉200km(その3)

太平洋を右に見ながら、うまいこと追い風に乗って鴨川を目指します。
ちょうど昼前から南西の風に変わってくれました。
Imgp0832
このあと市原vientチームの後ろを走ります。
沿道には花摘みのお客さんが沢山おりました。
ポピーやストック、キンセンカがきれいに咲いています。みなさんぜひ南房総に足を運んでください.

しばらく快調に走ったあとで千倉町瀬戸のセブンイレブンでトイレ休憩。
Imgp0839
いやほんとにいい天気です。
ここで同行した房総族さんのチェーントラブル発生。とよださんの応援もありほどなく修復でき再度走り出します。
30km超の良いペースで走っていましたが、後ろからオレンジの軍団に抜かれました。
自転車競技で名高いH政学生の皆さんのようです。7、8人の集団が4つほどありましたが、次々と抜かれます。ここで先頭を引っ張る1000km大魔王さんがこの集団に付いて行く作戦に切り替えました。
だいたい37−38km/hで巡航となりました。追い風ではあるがさすがにキツい。
なんだかいつもの練習のようです。
さすがに坂になると離されますが、信号で追いてしまい千切れて諦めることもできません。
どうも彼らは練習を終えて宿に帰るだけで流して走っていたようですが、あとにくっついていたおじさんたちはここでなけなしの脚を使い果たしてしまいました。
つらかった追走は太海の分岐道でやっとおしまい。ああつかれた。

鴨川市内を通過し、鴨川有料手前のセブンイレブンでまた休憩。
休んでいるうちにここでvientチームにパスされました。
Imgp0841

さあ、鴨川有料を登るのは2回目です。まえにまほみほさんと登ったときは見事に千切れましたから、今回は様子を見ながらゆっくりいきます。あまり脚を使わないようにしましょう。
と思ったら、坂の途中でシークレットポイントがありました。
タイムをチェックしていただくとともに、おいしいスープとゆで卵をいただきました。本当にありがたいです。
Imgp0845

ま、自分と
Dscn0161_2


お約束のアタック姿の房総族さんをカメラに収めました。
Imgp0843

さて次は三石です。
ここは車でお参りに良く来ていますが自転車で登ったことはありません。
以外に登りの坂はきつくなく、三石のお守りのおかげで難なくクリアできました。
Imgp0849

こちらもお約束のダンシングで最後を登るF3さん。
Imgp0847

あとは良く知った道になります。
ほどなく最後のPCである養老渓谷の太田商店に到着。
Imgp0852
コロッケとジャムマーガリンコッペパンで補給しました。
だいぶ日が傾いてきましたが、後もう少しです。

<つづく>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/18

ブルベ千葉200km(その2)

セブンイレブンを出発し国道465号を東に進む。県道182に入り、通称もみじラインを進む。
少しずつ高度を稼ぎながらうねうねと進み長狭街道に突き当たる。
Imgp0828

左折し鴨川市に入り県道88号に右折。
ここは「しいたけ」と呼ぶらしい。なるほど「しいたけ村」が途中にあった。ここに勾配がある坂がある。ここは要注意。
ちょうどシングルスピードで走っているライダーを発見。良くこんなところをシングルで走るなあ、スゴスぎ。
下って平群を抜け、南に下る。あっという間に道の駅「鄙の里」に到着。初めて来ました。
噂に聞いたビンゴバーガーを発見、しかしまだ開店前なので食べることはできず。
代わりにソフトクリームをいただく。
Imgp0830

みんなここで休憩してました。
Imgp0831


さらに南下し一気に白浜へ。途中多少の登りはありましたが難しいものではありませんでした。
この区間での難所は「しいたけ」の坂ですね。

あっという間に白浜のセブンイレブンPC2に到着。
お昼にサンドイッチと南高梅のおにぎりと牛乳を買ってレシートをもらい、係の方に通過のチェックをしてもらいました。お昼時なのでここで食事をとる方も多く、だいぶにぎわっておりました。

大休止のあと海沿いを鴨川に向かって北上します。
ちょうど南西の追い風に風向きが変わっておりました。
しかしこのあとエラいことになります・・・。

<つづく>

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/03/17

ブルベ千葉200km完走

日曜日はブルベ200kmに初挑戦&完走を果たしました。
なによりも一緒に走っていただいた自転車仲間のおかげです。感謝してます。
絶対単騎では走れないなあ、ほんとに。

【スタート〜PC1まで】
天候は晴れ、でも朝は寒く北よりの風。
6時半のスタートを少し遅れて40分頃Team Beeの3名でスタート。とよださん、暴走族さん、私でサイクリング気分。心拍も朝なので上がりにくかったのか、また追い風も手伝ってだいたい140を下回るくらい。
Imgp0809

それでも良いペースで走り、URCのジャージが追い越して行く以外は追い抜く方が多い。
Imgp0810


旧木更津海軍航空基地を横目に観て、木更津市外を抜け、小糸川沿いを進む。
Imgp0811

橋を渡るところに注意。
その後は道なりに進む。特に高低差のある地点はなし。
鹿野山への登りは距離はあるが斜度はそれほどでもない。最後の直線がきついと聞いていたがそれほどでもなく景色を見ながら抑えめに登る。まだここで脚を使うわけにはいかない。それでもとよださんは調子がまだ出ないらしく少し遅れる。暴走族さんが一番で登りきった。するとそこはすばらしい景色が広がる。ここでしばらく写真タイム。
Imgp0822

マザー牧場を含め家族でまた来たいな。
Imgp0817

しかしここでどんどん追い抜かれるのでそろそろ下山することに。
下りになるとめっぽう強いとよださん、もうすこしでPCというところで突然下りアタック。前走者列を一気に追い越す。3人でちと大人げないはしりをしてしまった、反省。
PC1のセブンイレブンで買い物をしてレシートを受け取る。これが通過タイムとして記録される。
Imgp0826

7時スタートの仲間を待つが1名がいつまでたっても来ない・・・。どうやらパンクしたようだ。
おかげで補給をしてゆっくり休めたのですっかり体力も復活した。寒かったけど、ここでとよださんの新車?KG171に乗せてもらう。うーん、サイズいいじゃない。でもカーボンだけどすごく重いのね。昔のフレームはこんなだったのだ、と理解する。とよださんはよくしなる、というが僕には判らない。

30分以上待ってやっとメンバーが揃った。それでは白浜目指して再スタート。

<つづく>

続きを読む "ブルベ千葉200km完走"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/03/15

白浜PC2

白浜PC2
白浜到着
いい天気です。
サイクリングにちょうどいいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブルベ200

ブルベ200
PC1無事到着
いい天気だけどすこし寒いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/14

袖ヶ浦海浜公園

クルマにトラブル発生。
なんとバッテリーあがり。近所の知り合いの車とブースターケーブルでつないだけどセルが廻らず。
保険のロードサービスに救援をおねがいして無事エンジンがかかる。
Imgp0787
まだ3年経っていないんだけど・・・。
普段はあまり回転数を上げないで走行しているのでバッテリーにはきつかったようだ。
ロードサービスのおじさんによると、まだバッテリーは大丈夫だよ、とのこと。
とりあえず充電するためにドライブに行きましょう、明日の下見でもと袖ヶ浦海浜公園に行く。
Imgp0808
展望塔には登ったことが無かったので家族みんなで登ってみる。
いい景色です。ちょっと寒かったけどね。
Imgp0798

北側。東京ガスの風車は廻っていません、なぜだろ。
Imgp0805

明日は200kmがんばりましょう。水仙が見守ってくれています。
Imgp0807


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/07

乗鞍岳

乗鞍岳
いい天気です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/03/01

雨の日は

家族サービスに徹しましょう。
夕方空いた時間でローラー30分。
5分アップして、7.5分間心拍を150−154の間に保つ、5分の回復時間をとってから再度7.5分間心拍を上げる。
最後は5分間でダウンしておしまい。
汗を拭きながら小屋から外に出て西の空を見ると、1日ずっと曇っていた空の間に明るい晴れ間が少し見えた。
来週もがんばろう。


続きを読む "雨の日は"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週は雨

雨で練習できず。
ブルベのルート暗記でもするか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »